お店選びに行く日も決まったら、次は打つ台を決めなくてはいけません。





好きな台や嫌いな台があると思いますが、勝てる台とは別なので注意してくださいね。





勝てる台とはお店側が客へ還元するために釘を広げている台になります。





この釘を広げている台に座って打つことにより、同じお金なのに他の人より多く回転させることが出来ます。





つまり他の人がどんどんお金を減らしているのに、自分のお金は増えていく仕組みになるのです。





例えば普通の人が毎日打ちに行くと、勝って負けてを繰り返し年間100万以上のお金が無くなっていきます。





ですが、釘が広がっている台を打ち続けると数百万勝つことも難しくありません。





楽しく打てて、たくさん勝てれば他のやりたい事も好きなだけ出来るようになりますよ!





そして釘の中でも1番大事なのはヘソの釘です。





ここが開いているとたくさん回るので、回りより優位になり投資額が少なくなり、結果勝ちやすいです。





次に大切なのは風車の回りです。





ここの釘が悪いと、ヘソ釘が開いているにも関わらず玉が中央まで運ばれない嫌らしい糞台と化します。





最近は重要性が減ってきたのですが、右の釘も見れる人は見た方が良いでしょう。





捻りうちや止め打ちを駆使することにより、利益の底上げに繋がります。