はらパチ速報

パチンコ・スロットのまとめサイトです

    2019年08月


    この日は1機種に1台は6が使われるであろう日。





    私はどうせなら設定判別の楽な台で6を掴もうと思い、回りがリゼロやまどかに座るなかヱヴァンゲリヲン777に直行(^^;





    案の定既に誰も座っていないので、私は複数ある中から台を吟味する…





    まぁ、無難に角強いし人に挟まれるのが嫌いな私は角に着席。設定6であることを願い台に念を送った←意味なし





    その念が届いたかどうかはさておき、2周期目の120Gにてczゼーレミッションを当てる。





    それをあっさり仕留め、使途バトル初戦も突破!
    そこから2連目には斜め白7と薄い所を引き1g連もゲット!





    その次の3連目に負けてしまい次の当たりを目指すことになった。





    次も2周期目159Gにてczゼーレミッションから当たりデジャブ?を感じる
    だがこの当たりは3連で終わるも終了画面にはWレイ背景がきました!





    この時点で正直6を確信しましたね(^-^)v





    普段はヱヴァに設定使わないのにこの日だけ2以上確定。つまり私の中では6が確定しました笑





    その後は特に見せ場と言うものもなくまったりと右肩上がりにメダルは増え、気付けば+4000枚程の快勝となりました。









    6号機ってリゼロ以外波が緩いのであまり脳汁が出るような場面が無いんですよね(^^;









    次はもっと詳細をメモにして、皆さんに伝わるように書ければなって思っています!





    記事のリクエスト等あれば気軽に伝えて下さいm(__)m





    お待ちしております!



    皆さんは止め打ちの大切さをどれ程理解されていますか?





    止め打ちを制するものはパチンコを制する。





    小さな積み重ねが収支に大きな利益を上乗せしてくれます。





    まずは自分の出来る無駄打ちを無くしていきましょう!





    リーチ中打ち続けるなんてもっての他ですよ?





    保留が4つたまっているのに打つのは完全に無駄です。





    保留が満タンの状態で次の玉が入っても無抽選です。





    極端な話1日に無抽選の玉が100個入ってしまったら、甘デジで1回分の当たりを捨てているようなものです。





    甘デジでわざわざ当ててから他人に席を譲るなんてことあり得ませんよね?





    それが日を跨いで100、200、と無駄にしてしまうだけで相当な額のお金を捨てている事になりますので、必要ない状態での打ち込みは止めるようにしましょう。





    次に確変中、時短中の止め打ちです。





    お店によって止め打ちに厳しい所もありますが、基本的に視界に入っていなければ注意はしてきません。





    後、玉を止め打ちでモリモリ増やしていると店のコンピュータに異常が出て店員が確認しにやってきます。





    増やしすぎには注意しましょう!





    ここまでの止め打ちを駆使出来るようになると本当に普通の人達と差が出てきます。





    勿論、パチンコの当たりには運の要素も絡んでくるので毎日期待値通りに勝つことは難しいです。





    ですが、それで腐ることなく積み重ねた人だけが勝ちを拾うことが出来るのですから。





    本当に勝てるかどうかは単純な話なんです。





    今までは毎日適当に打って負債を増やしていましたよね?





    その無駄打ちを止めて勝ちに繋がる行動を取るだけで、今まで負けていた収支は逆転するのです。





    ここまで読んでくれた方は本当に勝ちたい人だと私は思っています。





    どうせ今までの立ち回りでは負け続けるのです。





    最後に信じてみて下さい。個人的な連絡にも答えますし、わからない事などアドバイスしますので、気軽に連絡して下さい。





    ここまで読んで頂きありがとうございました!





    これからは私の稼働日記やパチンコ、スロットに対してコメント。





    店員や打ち子軍団の時の体験談等を書いていこうと思いますので、今後ともよろしくお願いいたします。



    ボーダーと期待値って言葉を聞いたことはありますか?





    ボーダーとはその台で1000円(250玉)辺りプラマイ0になる回転数。





    期待値とはそのボーダーを使って算出される見込み収入のことです。





    ボーダーは機種によって、細かく言えば台によって(釘)差があります。





    釘で削られる出玉等を計算式に組み込んでその日の日当を計算していきます。





    期待値を積んでいくことにより、収支に+を積み上げていくのです。







    ここでは店に行ったのは良いものの、打てそうな台が無いときにどうしたら良いのかお教えします!





    絶対にやってはいけないのは妥協して、釘のあいていない台を打つことです。





    確かにせっかくの休み等で楽しみにして行ったのに、打てる台が無いと苛々しますよね?





    ですが、パチンコで稼ぐためには無駄打ちを無くすことに尽きます。





    無駄な玉を打たないようにすればするほど、収支は右肩上がりになるのですから。





    なので、店に行く前に予め第二第三候補の店を決めておきましょう。





    店の情報を集めることは必ずあなたの+になります。





    そして候補の店全てが駄目だった時は大人しく帰りましょう。





    打たない日はマイナスではありません。





    マイナスな行為である無駄打ちをすることはあなたが積み上げてきた期待値を削る行為です。





    プロは打てないとき大人しく帰る大切さを知っています。





    家に帰って次の軍資金として温存しましょう。





    次回釘の開いている台を座ったときに、軍資金が足りなくなって帰るのは勿体ないですから(^-^)



    お店選びに行く日も決まったら、次は打つ台を決めなくてはいけません。





    好きな台や嫌いな台があると思いますが、勝てる台とは別なので注意してくださいね。





    勝てる台とはお店側が客へ還元するために釘を広げている台になります。





    この釘を広げている台に座って打つことにより、同じお金なのに他の人より多く回転させることが出来ます。





    つまり他の人がどんどんお金を減らしているのに、自分のお金は増えていく仕組みになるのです。





    例えば普通の人が毎日打ちに行くと、勝って負けてを繰り返し年間100万以上のお金が無くなっていきます。





    ですが、釘が広がっている台を打ち続けると数百万勝つことも難しくありません。





    楽しく打てて、たくさん勝てれば他のやりたい事も好きなだけ出来るようになりますよ!





    そして釘の中でも1番大事なのはヘソの釘です。





    ここが開いているとたくさん回るので、回りより優位になり投資額が少なくなり、結果勝ちやすいです。





    次に大切なのは風車の回りです。





    ここの釘が悪いと、ヘソ釘が開いているにも関わらず玉が中央まで運ばれない嫌らしい糞台と化します。





    最近は重要性が減ってきたのですが、右の釘も見れる人は見た方が良いでしょう。





    捻りうちや止め打ちを駆使することにより、利益の底上げに繋がります。


    このページのトップヘ